ターゲットによって違う!?内容を考慮する求人広告

中途採用の場合には経験を重視する

求人を掲載する際には中途採用者と新卒者では掲載内容が違ってきます。中途採用者の場合には企業側としては即戦力として、行った欲しい仕事の内容が明確になっているために、そのスキルを持った人を求人として募集します。そのため詳細な仕事内容を記載して、できるだけどのような仕事をおこなうのかが読んでわかるような内容にしています。また同時にそれだけの仕事をしてもらう対価としての給与額を提示することが多く、応募者側も仕事内容と給与額を比較検討して応募の意志を固めます。

新卒はやる気を重視する

一方新卒の場合には多くの場合はアルバイト以外に仕事経験がない人が対象のために、自社の会社説明、入社した場合の仕事内容、また企業側が期待する人物像等が掲載されています。先輩社員の一日と題してどのような仕事の進め方をしているのか、先輩の声として会社のどのようなところが魅力的なのかを掲載して、読む学生にわくわく感を与えて応募してもらえる内容にしています。そのため幅広い内容で求人には掲載されることが多いです。

飽きさせない求人広告の工夫

これらの求人媒体も、昔は紙ベースでしたが、今ではインターネットの普及でネット上で見ることができるようになっています。その内容も定期的に更新することも可能になって、掲載期間中に、その求人広告内容が変化して見る人に目新しさを持たせ、飽きさせない工夫をしています。反応が良くない求人に関しては、より魅力的な目立つような内容に変更することもできます。そして会員登録している人に対しては求人が更新される都度メールでお知らせしたりするサービスもおこなっています。

施工管理の求人は、企業の事業によって、求められるスキルが異なるため、早期に求人の内容を確認することが大事です。